2010年02月10日

戦時中の強制連行の賠償請求、2審も認めず(読売新聞)

 戦時中に強制連行され、群馬県内のトンネル建設現場などで過酷な労働を強いられたとして、中国人元労働者と遺族計49人が国と大手ゼネコン鹿島など2社に総額約4億6000万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が9日、東京高裁であった。

 園尾隆司裁判長は「強制連行や強制労働はあったが、1972年の日中共同声明により、戦争被害について中国人個人が日本側に賠償請求する権利は失われた」として、請求を棄却した1審・前橋地裁判決を支持し、原告の控訴を棄却した。

 原告は上告する方針。

自民比例に元ヘアヌード女優を公認…今夏参院選(スポーツ報知)
「個人資産」の主張切り崩せず…陸山会事件(読売新聞)
小沢幹事長、田村参院議員に入党要請(産経新聞)
ビジネス誌通じ投資募る=無登録勧誘のカレー会社−警視庁(時事通信)
<さっぽろ雪まつり>週末を迎え観光客や市民でにぎわう(毎日新聞)
posted by ナリカワ マサアキ at 03:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。