2010年01月29日

誤投与で80歳代男性患者死亡 愛媛県立新居浜病院(産経新聞)

 愛媛県立新居浜病院(同県新居浜市)は24日、胸水貯留による呼吸困難の症状で入院していた80歳代男性患者に別の患者の薬を投与する医療事故があったと発表した。男性患者は死亡した。酒井堅病院長は「薬の名称の確認を怠ったことが事故原因で、誤投与がなければ死にいたることはなかった」とミスを認め、「おわび申し上げます」と謝罪した。

 通報を受けた県警は、司法解剖し、誤投与と死亡の因果関係を調べる。

 病院によると、男性患者とは別の患者の血圧を下げる降圧剤を、看護師が勘違いして今月21日、22日に2回投与。22日午後2時ごろ、男性患者は胸の痛みを訴え、血圧が急激に降下した。23日午後0時45分に死亡が確認された。

 誤投与された降圧剤は、別の患者に対しほかの病院で処方された。この患者が県立新居浜病院に入院し、家族が看護師に薬を手渡したところ、看護師が死亡した男性患者の薬と誤って投与したという。

【関連記事】
筋弛緩剤誤投与で死亡、内科医を起訴猶予 徳島地検「示談成立」
サリドマイドを誤投与 国立病院機構仙台医療センター
医療ADRってご存じ? トラブル解決スピードアップ
抗鬱薬服用で攻撃的反応 5年で42件 厚労省が副作用調査へ
「医療版事故調」議論再開のメド立たず 厚労省案VS民主党案VS医療界の事情

5月までに日米合意=普天間移設で首相明言(時事通信)
普天間、首相「国が結論出す」…名護市長選受け(読売新聞)
警視庁警部、電車内で女性の太もも触り書類送検(産経新聞)
<詐欺グループ>廃業業者からの名簿流用 保護法の対象外(毎日新聞)
小沢氏のタンス預金「あり得ない」(産経新聞)
posted by ナリカワ マサアキ at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。