2010年04月20日

<村本さん死亡>遠距離から銃撃 威力大きい実弾(毎日新聞)

 【バンコク西尾英之】バンコクで10日発生した軍とタクシン首相派組織「反独裁民主戦線」(UDD)との衝突で、ロイター通信の日本人カメラマン、村本博之さん(43)の死因は、左胸から入った実弾が心臓の冠動脈と肺を傷つけたことによる失血死であることが12日、バンコクの警察病院関係者の話でわかった。比較的遠距離から銃撃されたとみられる。またタイ選管は12日、アピシット首相率いる与党・民主党に違法献金が行われたと認定、検察に同党解党を求める告発を行うことを決めた。

 警察病院は同日、衝突で死亡した21人のうち村本さんを含む民間人11人の遺体の司法解剖を実施した。

 病院関係者によると、11人のうち村本さんを含む10人が、自動小銃などから発射される威力の大きい「高速弾」と呼ばれる実弾を受け死亡した。うち1人は1メートルほどの至近距離からの銃撃だったが、他は比較的遠距離からの銃撃という。村本さんを撃ったのが軍兵士かUDD側かは不明という。

 民主党の解党告発については、UDDの強制排除が失敗に終わり、アピシット政権が苦境に陥ったのを受け、選管が急きょタクシン派にすり寄り、反タクシンの民主党に厳しい決定を下したとの見方が出ている。

 民主党の不正献金疑惑は05年の総選挙時、民間企業から約2億6000万バーツ(約7億8000万円)の違法な選挙資金提供を受けたというもの。UDDが選管に調査を申し立てた。

 UDDは今月「調査が不当に引き延ばされている」として選管の建物に押しかけ、早期の処分決定を要求。選管側は「20日までに決める」と答えたとされるが、12日、その期限よりも1週間も早く、解党処分を求めて告発することを決めた。

 民主党に対する解党処分は今後、検察当局の判断を経て憲法裁で審理されるため、処分の最終決定には長期間かかる見通し。現時点で民主党の解党が決まったわけではないが、UDD幹部は12日、占拠中のバンコク繁華街の演壇で「我々の勝利だ」と気勢を上げた。

 アピシット首相は12日、UDDに提案した「年内下院解散」のスケジュールを、「6カ月以内の解散、年内総選挙実施」に繰り上げる検討に入った。しかし勢いづくUDDはあくまで即時解散、総選挙実施を求めて繁華街占拠を継続する構えで、混乱収拾のめどは立っていない。

【関連ニュース】
タイ:衝突死者21人に 村本さん左胸に銃弾
タイ:催涙ガスの煙や激しい銃声が響く 元首相派強制排除
タイ:日本人カメラマン含む13人死亡 元首相派強制排除
タイ:元首相派強制排除 市街戦さながらの状況に
タイ:元首相派の強制排除に着手 日本人記者含む5人死亡

「日本丸は沈没、大阪丸で前に」橋下知事が決意(読売新聞)
<記者過労死>原告の請求棄却 東京地裁(毎日新聞)
米の鳩山政権不信、頂点…5月決着「期待せず」(読売新聞)
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響−日航・全日空(時事通信)
橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も(産経新聞)
posted by ナリカワ マサアキ at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

舛添氏はがん細胞!自民党内から批判噴出(スポーツ報知)

 自民党の舛添要一前厚労相(61)に対し、党内から「除名」などの厳しい処分を求める声が続出した。15日、党本部で全議員懇談会が開かれたが、執行部批判をやめず新党旗揚げを示唆している舛添氏に非難が集中。山本幸三衆院議員(61)は「結束を乱すがん細胞は早めに除去すべきだ」と除名を要求した。舛添氏はこの日、東国原英夫宮崎県知事(52)と注目の会談。地方分権改革で連携することで合意したが、新党構想には触れなかった。

 各社世論調査で“最も首相になってほしい人物”に挙げられる舛添氏が、自民党内で大バッシングに見舞われた。問題視されたのは、うだつの上がらぬ執行部への口撃と、新党結成をちらつかせる一連の発言だ。

 後藤田正純衆院議員(40)は、自身も「たちあがれ日本」へのくら替えがうわさされるが「もうそろそろオオカミ少年ではなく、オオカミ中年に見えてくる。(党を)出るなら明日にでも出るべき」と舛添氏をバッサリ。全議員懇談会で、平沢勝栄衆院議員(64)は、舛添氏や新党を旗揚げした与謝野馨元財務相(71)を念頭に「比例代表で当選した人の離党は認めず、除名すべき。時には非情なリーダーになってほしい」と谷垣禎一総裁(65)ら党執行部に迫った。山本有二元金融担当相(57)は「総裁が早く真意を聞き、一緒にできなければ離党勧告すべき」と求めた。

 谷垣総裁は、こうした党員の厳しい声に応じる形で「非情になるところは非情にならなければいけない」と回答。午後の記者会見では「臨機応援に、毅(き)然とした態度で臨む。必要があれば会います」と厳罰も辞さない構え。大島理森幹事長(63)は「本人が『新党』と言っているのなら、真意を確かめる必要がある」と話しており、近日中に舛添氏から事情聴取する方針だ。

 孤立化が進む舛添氏だが「党内で舛添批判が活発化すれば、圧倒的な国民の支持率を武器とする彼の思うツボ」との見方も。現執行部に対する国民の不信感がさらに高まる構図となるからだ。執行部一新となれば、総裁の座にグッと近づく。

 この日、舛添氏は珍しく議員会館議員室への報道陣の出入りをシャットアウト。出入りのときにも新党に関しての発言は控えたが、目は笑っていた。


 【関連記事】
「結束を乱すがん細胞」自民で舛添氏批判が噴出
「たちあがれ日本」の青春宣言!与謝野氏、詩を朗読「ファイナルファンタジーだ」
「たちあがれ日本」結党、与謝野氏「反民主、非自民」
石原都知事来たけど若手来ない…与謝野・平沼新党
舛添要一 厚労相 山本幸三 を調べる

<水俣病>未認定患者救済閣議決定 環境相は全員救済に自信(毎日新聞)
地域医療強化、4年で4兆円=自民(時事通信)
福岡競艇場に両腕漂着!諸賀さんの遺体の一部と確認(スポーツ報知)
振り込め詐欺で男5人逮捕=被害総額2億円か−大阪府警(時事通信)
JR京浜東北線一時運転見合わせ、御徒町駅で女性けが(産経新聞)
posted by ナリカワ マサアキ at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

近鉄社員、元日の勤務中飲酒し車庫内を運転(読売新聞)

 近畿日本鉄道は9日、車両の修理や検査を担当する社員7人が今年元日の勤務中に焼酎を飲んでいたと発表した。

 奈良市尼辻北町の西大寺車庫内の会議室で未明、空き時間や仮眠前に水割りでコップ1〜3杯飲んだという。うち1人は車庫内で車両を連結させるため、飲酒後に電車を約5メートル運転していた。同社は職場での飲酒や酒の持ち込みを禁じており、処分する方針。

 同社によると、昨年12月31日午前8時30分から24時間の勤務に入った30〜40歳代の社員。上司の西大寺検車区長が同日夜に焼酎の紙パック(1・8リットル)を差し入れ、社員7人が1月1日午前1時30分〜4時に交代で飲酒し、1人は同7時過ぎに電車を動かした。

 匿名の通報で発覚。調査に対し、区長は「おとそのつもりだったが、勤務中に飲むとは思わなかった」と釈明し、社員らは「上司が配慮してくれたので飲んだ」と話しているという。

「ママの星」山崎さん打ち上げ 宇宙にも吹く、女性進出の風(産経新聞)
<雑記帳>笑いで街を活性化…落語家が街頭でPR 大阪(毎日新聞)
<葬儀>藤井黎さん=10日午後1時、仙台市の斎苑別館(毎日新聞)
長崎の「被爆マリア像」初めて米国へ(読売新聞)
北海道で地震、釧路市で震度4(読売新聞)
posted by ナリカワ マサアキ at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。